小学生と幼児の母です。習慣作りが苦手だけど、手探り家庭学習を実践中! ikukajiホームに戻る
親子で実践!家庭学習
HOME  ◆幼児・家庭学習 ◆小学生・家庭学習 ◆問題集、ドリル ◆国語 ◆算数 ◆理科 ◆社会 
◆体育 ◆音楽 ◆図工 ◆書写 ◆家庭科 ◆英語

カスタム検索

新しい教材情報などは現在こちらで更新中です。↓ぜひのぞいてみてください
親子で実践!家庭学習ブログ

◆幼児・家庭学習

まずは絵本に親しんで

カルタ、パズルで学習

ひらがな、かたかなを覚える

カルタ、パズルで学習







定番になりつつあるかも。小学校で必須の
都道府県は
この2つでおぼえる!




百人一首もそうなんですけど、
かるたっていうのはこどもにとって遊んで楽しいだけでなく、
何かを覚えるのにも最適なツールですね。



↑これが最近のうちの下の子(年長)のお気に入りなんですけど、
何度も相手をせがんでくるので、
つきあっているうちに、
ひらがな、カタカナの読みがしっかりしてきましたし、
国の名前や産物もずいぶんおぼえました。

トイレに世界地図も貼ってあるので、
しばらくトイレですごしてでてきたときに
「やったあ!スペインみつけた!」とさけびながら出てきたりします。

かるたの効用というのは知られているようで、
都道府県、漢字、ことわざ、と、
学習目的のかるたはとてもたくさんでており、
しかもとてもおもしろいです。
いろいろコレクションしたくなりますが、
まあ、きょうだいの少ない時代ですし、
親が相手をしてやる覚悟が大事。
でも、いいコミュニケーションのチャンスになります。
遊んであげると本当に喜ぶ!

もちろん、勝ち負けがつくので、
フェアな勝負姿勢をちゃんと教えて仲良く遊ぶ、
それが一番大事なことです。最初はけっこう泣きますよね、負けると。。。
でも何度でもやりたがるのでメンドーですが、
つきあってあげる価値はあり!

つぎは勝つぞ、という健全な競争意識、向上心も
育ててあげられますね。

地図はパズルも定番ですね。
パズルなら、なれると一人で遊びこんでくれます。
そして、すっかりあたまに入ってしまいますね!


アマゾンで「かるた」を探す

アマゾンで「地図 パズル」を探す


入会キャンペーン実施中!七田式右脳教育システム【 はっぴぃタイム 】