えんぴつは4Bのハイユニを

 1-2年生だと、消しゴムの消し方が汚くて、さらにその上に書くのでもっと汚くなる、

という 負のスパイラルを繰り返しているお子さんも多いですね(涙)。

まずは、「きちんと消しゴムで前書いたものを消す」ということを教えてあげましょう。

 

 

消しやすい消しゴムを与えるのも大事です。

子どもの小学校ではmono 消しゴム(トンボ鉛筆)が消しやすいということで推奨されています。

アマゾンで「mono 消しゴム」を探す

消しゴムはどれも似たようなもののように思いますが、力の弱い子どもには、質によって使いやすさが結構違うようなのです。

 

 

そして、字を書くのをいやがる子には、ぜひ、

4B6Bハイユニ鉛筆を試してもらいたいと思います。

以下、amazonへのリンクです。

ハイユニ 4B

ハイユニ 6B

これは、娘たちが通う書道教室の先生にすすめられたんですが、

手の力が弱い特に低学年のうちは、 やわらかい鉛筆が、手になじみ、字を書きやすいそうなんです。

 

 

長女の入学のときは小学校で2Bをすすめられましたが、

字の練習のときは4Bを愛用し、高学年になっても漢字練習のときは使っています。

また、次女は4歳下ですが、小学校で2Bの鉛筆をすすめられたほかに、字の練習用に4Bのユニ鉛筆を配布されました。

 

 

やわらかい鉛筆が、字の練習を助ける、ということが常識化しつつあるのかなと思います。

なお、うちの子どもたちの場合、 4B、6Bのほかの鉛筆を買ったのではダメで、

ユニ、できればハイユニ、でないと、なにかしら文句を言ってきます。

 

 

書き味が全然違うらしいです。

 

 

かなや漢字の練習をいやがる お子さんにお悩みの方は、 一度ぜひ、ハイユニ鉛筆をお試しください。


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

育児 ブログランキングへ


書店へのリンク  アマゾンオンライン書店 boople.com楽天市場


コメントは受け付けていません。