お気に入りの詩や名文を写してみよう

大学入試の小論文対策で、よく、朝日新聞の天声人語を写させる、といったことをします。

ただ、写すのでは意味のないことになるのでしょうが、

書いた人になったつもりで、

自分の手を通じて、美しい日本語を自分の体の中に入れているのだ、という気持ちで書くと、

わたしはすごく意味のあることなのではないかと思います。

写経などにもそういうものを感じます。

 

 

ある小説家の方が修行中に、憧れの作家の作品をワープロで打って写した、というのをきいたことがあります。

「写す」という行為には、まねて、自分の体にとりこんで、自分のものにして、さらにその理解を深める、そしてそれを自分の経験としてさらに高めていける。

なにかそういう大きな意味があると思うのです。

画家さんが、有名な画家の作品を模写する、というのにも、同じ大きな意味を感じます。

 

 

大事なことを伝えている名文や美しい詩を選んで、

自分の字で書き写す のはとてもいい経験だと思います。

専用のノートを作ってもいいし、

クリアファイルにはさんでお風呂やトイレのかべに貼ってもいいですね。

いくつか、題材によさそうな本を選んでみました。

 以下本の情報はamazonへのリンクになっています。


徹底反復音読プリント―小学校全学年 (教育技術MOOK 陰山メソッド)

陰山 英男さんの音読用の本です。選ばれている文がすばらしいものばかりで、小1から大人まで活用できるテキストだと思います。

1つ持っておくととても役立つ教材です。

もちろん音読教材として活用するといいですが、自分の字で書いてみるともっといいと思います。薄いテキストですがとても充実。

いろんなジャンルの優れた文学作品の豊かな表現・語彙を自然に習得できます。古文漢文も含まれています。

↓これで500円+税です。オトク!(全文ではなく、一部抜粋の作品もあります)

【収録されている作品】

・五十音(北原白州)

・春の歌(草野心平)・雲(山村募鳥)・わたしと小鳥とすずと(金子みすず)・お山の大将(西條八十)・早口ことば(藤田圭雄)・冬が来た(高村光太郎)・雨ニモマメズ(宮沢賢治)・竹(萩原朔太郎)・俳句・竹取物語・胡隠君を尋ぬ(高啓)・春暁(孟浩然)・静夜の思い(李白)・坊ちゃん(夏目漱石)・放浪記(林芙美子)

・北の春(丸山薫)・天(山之口獏)・鉄棒(村野四郎)・石(堀口大学)・道程(高村光太郎)・旅上(萩原朔太郎)・雁(千家元麿)・稲作挿話(宮沢賢治)・短歌・蜘蛛の糸(芥川龍之介)・吾輩は猫である(夏目漱石)・枕草子(清少納言)・徒然草(吉田兼好)・論語(孔子)・偶成(朱熹)・まさに東遊せんとし壁に題す(釈月性)・啓発録(橋本左内)

・薔薇二曲(北原白秋)・小景異情(室生犀星)・落葉松(北原白秋)・永訣の朝(宮沢賢治)・千曲川旅情の歌(島崎藤村)・和歌・草枕(夏目漱石)・学問のすすめ(福沢諭吉)・西国立志編(中村正直)・和俗童子訓(貝原益軒)・おくのほそ道(松尾芭蕉)・平家物語・方丈記(鴨長明)・伊勢物語・源氏物語(紫式部)・春望(杜甫)・韓非子(韓非)・孟子(孟子)・孫子(孫子)・二宮翁夜話(二宮尊徳)・言志四録(佐藤一斉)

・外郎売のせりふ

以上


こども論語塾―親子で楽しむ

人間として大事なことを伝える論語には現代にも通じる大事な知恵がたくさんつまっています。

気に入った文を書き写してみるといいですね。

子ども向けにわかりやすく解説した人気のシリーズです。

こども論語塾〈その2〉―親子で楽しむ 親子で楽しむこども論語塾〈その3〉 もあります。


わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集

金子みすゞの詩はすっかり有名になりましたね。 やさしい気持ちになれる有名な作品が多く収録されています。

お気に入りのおなじみの詩を上手に書き写すのはとても楽しいと思います。


書店へのリンク  アマゾン  オンライン書店 boople.com  楽天市場


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

育児 ブログランキングへ


書店へのリンク  アマゾンオンライン書店 boople.com楽天市場


コメントは受け付けていません。