小学校のテストで80点。これって大丈夫?

小学校1年生の間は、
指示どおりに書く、設問に答える、という基本がすぐには定着できなかったりするので、
100点にこだわらなくても、まずはまちがったところを何度も練習していればいいかなと思いますが、
2年、3年になって、100点が取りきれないとしたら、「つみのこし」があるとわたしはかんがえます。

・テスト、というものそのものの設問の理解力、回答の仕方の定着が不十分。
・単元の内容の理解、記憶が不十分。

といったことが考えられると思います。

小学校、2-3年で、だいたい80点以上とっているし大丈夫、という保護者の方がけっこういらっしゃるんですが、
正直、小学校の間ならば、9割は100点をとるくらいのペースに持っていくことを目標にしたほうがいいと
わたしは思います。

学年が進むにつれて、量も増え、難易度も高くなるからです。
3年生で、100点を取っている子は、6年になっても100点をとっているかもしれないですが、
3年生で、80点を取っている子は、6年になったときに、80点とれているでしょうか?100点に上がることがあるでしょうか?60点にならないでしょうか。
わたしはなかなかむずかしいとおもうんです。

また、「わかっているのにケアレスミスが多い」というタイプは、ケアレスミスも実力だと知らせるべきです。
結局演習量が足りなくて、うっかり間違うので、間違わなくなるまで勉強するから、100点が取れるのだということを、
教えてあげないといけないと思います。

中学校に入って、科目も量もどん、と増えたときに対応できるようにするためには、
小学校で学び残しがないようにしてあげるのが一番です。
小学校の間は100点をとることを目標に、勉強して、
間違えたものは必ず復習して頭に入れてあげなければならないと思います。

もちろん内申対策で、普段から提出物とまじめな授業態度、忘れ物をしないこと、も小学校から習慣づけておかなければ、
中学に入って急に出来るものではないと思います。

素人の考えではありますが。。。。

中学校に入ってから、「小学校のころは70点はとれていたのに、中学校になったら半分もとれなくなった。行く高校がない」というケースがすごく多いとおもうんです。
公立中学校は、すごくできる子とすごくできない子に大きく2分されていて、真ん中レベルの子はすくない、といいます。

親がもうちょっと関心をもって手をかけてあげたらずいぶん違うのに、とおもう親子をよくみます。
まだ小学生だから思い切り遊ばせて。。。もわかりますが、
勉強もすごく大事だということを真剣に考えたほうがいいと思います。
高校進学であわてないように、小学校から手を打っておくのがいいと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

育児 ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。