【本】お母さんのための子供のデジタルマナーとしつけ

先日、公立中に通う子供の中学の保護者懇談会に出席しました。

服装のこだわりや反抗期、勉強の悩みのほかに、保護者の大きな悩みとして出たのは子どものスマホとの付き合い方についてでした。

自分の子供のころ、若いころにはなかったものだけに、親が子供にラインの使い方をおしえてもらうくらい、子供のほうがよく知っていたりするデジタル機器。

子どもの付き合いに必要だからといわれてもたせているけれども、ラインのやりとりに時間をとられて勉強がおろそかになったり、子供同士の悪口やいじめの温床になっていたり、知らない知り合いが増えて好ましくない付き合いにつながっていたりと、悩みも増えているようです。

お母さんのための子供のデジタルマナーとしつけはそんなお母さんの迷いや悩みに応える本です。

親の管理のもとにどうやって有効利用させるかについて、現実的なアドバイスが豊富です。

スマホをもたせるとどれだけのリスクがあるかもよくわかるので、スマホを持たせる時期についても、考えさせられる内容だと思います。

うちは子どもが中学のあいだは、ガラケーで、通話もメールも、親との連絡にしか使わせないことにしています。

大人でもメールのやり取りで誤解やトラブルが発生することがあります。コミュニケーションの力の未熟な間は慎重に使わせたいと思ってます。

高校からはスマホも使わせようと思いますが、ラインでもメールでも第3者にみせるために書いたもの、掲載した画像は一人歩きするということをよく教えて、最低限の短い連絡に使う、込み入った内容にはつかわない、などの指導はしていくつもりです。

こちらも気になります。


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

育児 ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。