頭に定着する作業を親が手伝う

小学校高学年から中学にかけて、
塾に行かせているのに成績が上がらない、という悩みをよくききます。

学習障害、などの発達障害が隠れていることもあるので、解決方法は一概にはいえないとおもうのですが、
学校も塾も大事なことは教えてくれているとおもうんですよね。

素人考えなんですけど、
実際にそれを自分のものにするのは、家庭での学習時間だとおもうので、
そこの過ごし方に工夫が必要、ということなのかなとわたしはおもっています。

塾にも行かせているのに、さっぱり成績があがらなくて、本人もやる気が見られず親がしかってばかり。。。
という話をよくきくんですが、
お子さんも、できるようになりたい、とは思っているとおもうんです。

でも、どうやったらできるのかわからないので、
しかられるとつらいとおもいます。

できなかったということがどれくらい深刻な問題なのか、幼かったり、自分に期待するのをやめてしまって、
自覚するのが難しい子もいます。できない自分に慣れてしまっているというか。。。。

なので、できないことをしかるより、できる方法を一緒に考える、できるまでつきあうほうが建設的です。
できるようになったら、「できる自分」の可能性がどう開けていくか、興味を持って、やる気を出すことがあるとおもうのです。

塾や家庭でやったノートやドリル、プリント、宿題など、お子さんがやったものを親が毎日見るといいと思います。
できれば小学校の低学年から親が毎日みる習慣をつけておくといいのではないでしょうか。
中学くらいになって急にいうといやがることもあるでしょうけど、「成績もあがっていないし、塾や学校をどう利用しているか、監督するのは親の責任。見せなさい」とキチというのがいいと思います。

やりっぱなしでなくて、宿題もテストやプリントも、丸つけをして帰ってきたものをよくみて、間違ったところをやり直すのが大事です。
自分で丸つけをするものは、親がしてやってもいいと思います。丸つけを適当にしたり、答えのまる写しもあるかもしれませんし。
とにかくいまは、量をこなすのが大事だとおもうので。

数学の復習用のノートに間違ったものを切り貼りしたり書き写してやりなおす。ここが面倒だとおもう子の場合は、親がしてあげるといいと思います。

そして、数分でもいいので、毎日何かの教科を音読する習慣を作るといいと思います。

理科や社会はチェックペンとチェックシートで、キーワードを隠してもすらすら音読できるようにします。
資料集や地図帳もチェックペンとチェックシートでおぼえられます。親がきいてあげるといいと思います。

国語と英語も音読です。国語は読解力と漢字力が確実に上がるとおもいます。
英語は英訳と和約が交互にいえるまで、暗唱できるまで読むといいと思います。教科書CDもあるといいですね。

繰り返し教科書をみているかどうか、
英語を耳で聞いて口に出しているかどうか、
手を使ってノートに書いているかどうか、
頭に定着する作業が不足しているとおもうので、
そこを手伝ってあげるといいと思います。
私自身の受験経験からも、また中高生を家庭教師で教えたこともあるんですがその経験からも、
以上は小学校中学年以上から高校まで通用する学習方法だとわたしはおもいます。

教科書っていうのは基本のことしか書いていないですけど、東大に行く子は絶対に教科書をばかにしないで、確実に自分のものにする、ときいたことがあります。
教科書を読むってほんとうに大事だと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

育児 ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。