冷凍食品の購入方法

冷凍食品を購入する方法としておもに以下の3つがあります。

  1. 近所のスーパー、量販店、百貨店などで購入
  2. 食材宅配の企業やシステムを利用して定期的に購入
  3. 通販を利用して購入

それぞれ、以下のメリット、デメリットがあります。

冷食購入方法 メリット デメリット お店の例
近所のスーパー、量販店、百貨店などで購入 いつでも思い立ったときに購入できる。実際に商品を見て購入できる。お店のポイントや特売の日をうまく利用すると安く買える。 お店まで出かけなければならない。重いものをたくさん買うのがたいへん。商品1つ1つ手にとって原材料など確かめる場合買い物に時間がかかる。つい同じものを買ってマンネリになりがち。 スーパー、百貨店、量販店

食材宅配の企業やシステムを利用して定期的に購入

自宅に居ながら買い物ができる。重いもの、量の多いものも気軽に買える。食品の安全基準のはっきりした企業、システムだと、冷凍食品、惣菜の安全性も期待できる。値段や内容など、カタログやネット上で比べやすい。他の食品、日常品も買い物ができ買い物の手間が省ける。ネットで購入すると、予算を守って買い物しやすい。健康に配慮したコントロール食なども買うことができる。

週の決まった日に申し込み、受け取りは次週、など、買い物に時間がかかる。冷凍食品などほしいものだけ買えるお店もあるが、野菜セット購入が基本のシステムもあるので注意。

野菜セット購入が基本→らでぃっしゅぼーや

必要なものだけ購入可能→オイシックス  

 

冷凍食品だけの定期購入あり→ウェルネスダイニング 

ベネッセの食材宅配ごはん&お弁当レスキューセット A〈おむすび&おかず〉コースなど。

通販を利用して購入

自宅に居ながら買い物ができる。重いもの、量の多いものも気軽に買える。ほしいものだけ思いついたときに買える。わけあり商品など味品質に問題なくてもお得に買えるものも多い。グルメも満足する本格的な料理惣菜や有名店の人気メニューを自宅で気軽に食べることができる。 申し込みから届くまで、数日かかる。

楽天市場

すかいらーく通販ストア

ベルーナグルメショッピング

それぞれうまく組み合わせて上手に使いたいですね。