ラジオ講座「基礎英語1」を小学生から聞いてみよう

ラジオで始める☆小学英語


HOME英語教育の考え方「基礎英語」とは「基礎英語」の聴き方1年経った効果おすすめラジオ気になる英語教材英語教育本100均活用法 自己紹介

幼児英語で英語を話せる人にする?


HOME

子どもの英語教育の考え方

 幼児英語で英語を話せる人にする?




早期英語教育、幼児英語、といった言葉をよく聞きます。
英語のシャワーとか、英語耳とか。
最初から英語をきちんと聴けて話せる耳を
自然に作っておきたい、ということですよね。

それこそ妊娠中の胎児から、
乳児、幼児向けの英語教材、英語教室がたくさんありますね。
わたしもいくつかサンプルを聴きました。
よいものがすごくたくさん出ていて、楽しいです。
楽しんで続けられるなら、とてもよいことだ、と
わたしは思っています。

早期英語教育、幼児英語に否定的な意見もあるようです。
日本語がきちんと
できないうちから、
親がろくに日本語で話しかけないで英語のDVDやCDばかりでは。。。。
といったようなことです。
言葉が混乱するんじゃないかとか、
人工的な刺激が多すぎるとか、
心配する声もあります。

わたしは専門家ではないのでそのへんはよくわからないのです。
ただ、親として不器用なので、
生活させるだけでも大変な乳幼児に、
英語学習まで手が回らなかった、
というだけのことで。

一方で、わたしは、中学から英語を学んだのですが、
英語部に入り、暗唱大会や弁論大会にでたりしました。
英語の授業でも教科書を丸暗記するなどで、
大学受験まであまり英語では困らなかったんです。

社会に出てからも、
仕事で多少英語をつかう場面がありましたが、
必要なことはちょっと調べる程度で、
書類を読んだり、ちょっとした会話をするくらいはできましたので。。。

だから、英語学習については、早くて悪いこともないけれども、
中学からとか、遅くても悪いことはない、
というのが、わたしの経験的な感覚です。
必要な時に調べながら英語を使えるような
基礎力さえあればいいと。

学校英語、受験英語をちゃんと身につけることで、
社会で多少英語が必要になった時に、
あまり困らない程度にはいける、と。
もちろん、フルーエントな英会話力を身につけたいと思った時の、
大きな土台にもなります。

なので、子どもが、フルーエントなバイリンガルを自分でめざすにしても、
英語を受験の武器にするにしても、
わたしのような普通の親でしてやれることは、
中学程度の基礎力をしっかり身につけさせることしかないな。
それに限ればわたしにもできそう。

そう思ったのが、基礎英語を聴き始めたきっかけです。
周囲のお子さんが英会話を習い始めたのをみて
考えないわけじゃなかったのですが、
うちはすでに習い事が3つもあって、もう増やせない状況でしたし。
学校の勉強や家庭学習も大事にしたいという気持ちもあって、
あまり英語に時間をかけられないと思ったのです。

小4からローマ字があるし、5-6年では英語活動があるということだったので、
それまでにいくらか体験させておこうと
軽い気持ちで小3から基礎英語1を親子で聴き始めました。

効き目はめだたないですが、
1年経って、だんだんじわじわと、
子どもが英語になじんできたのを感じます。







アルク
アルクのキッズ英語関連書籍・通信講座