ラジオ講座「基礎英語」を小学生から聞いてみよう

ラジオで始める☆小学英語


HOME
英語教育の考え方「基礎英語」とは「基礎英語」の聴き方1年経った効果おすすめラジオ気になる英語教材英語教育本100均活用法 自己紹介

小学生が自分でやりすすめられるテキストで

HOME

「基礎英語」の後の学習展開

小学生が自分でやりすすめられるテキストで






小3から基礎英語1をはじめ、小4の夏休みまではなんとか目覚まし代わりに毎朝きいていましたが、
だんだん難しくなり、夏休みにとうとう脱落しました(またしても!)。

まあでも、なにせ、中学生用のものですし、習いに行ってもいないのですから仕方のないところもあります。

その後のフォローをどうしようかと思っていたのですが、
よいcdつきのテキストを見つけたので、いまは基礎英語をお休みして、自分で勉強を進めさせています。
もちろん、また基礎英語1は来年復活する予定です!中高までずっとお世話になる番組だと思っています。

いま子どもが取り組んでいるのはこちらのテキストです。↓

    
スタートでつまずかない中学英語 (くもんのベイシックドリル) は、
ゆったりしたペースで進むやさしいテキストです。
学校で習っているわけでもないですから、小学生がいきなりやるのは難しいのですけれど、
やはり、ある程度基礎英語をきいて、多少英文を読んでいますので、
ウチの場合は小4の子どもが難なく自分で
やりすすめることができています。○つけをしてとにかくほめる!だけが現在のわたしの役割です。

CDもついていて、問題を解いた後、自分で聞いて復唱しています。
毎朝6時に起きて、しばらく録画した教育番組を見た後、このドリルをするのが最近の日課です。


         参考記事→朝学習のアイデア・教育テレビ・ラジオの録画録音を利用


スタートでつまずかない中学英語 (くもんのベイシックドリル) は、書き込み式ですが、4本線ノートに慣れてほしいのでノートを別に用意して書かせています。子どもは特に抵抗はないようです。

英語体験のボリュームとしてはあまりにも少ないので、小学生高学年なら、基礎英語1をききながら、もしくは、基礎英語の4月5月の1-2カ月分くらいを聴いた後に、取り組むといいかな、と個人的には思います。

もうちょっとこのドリルに慣れてきたら、このテキストも並行してやろうと思っています。↓

  
新英語らくらく学習王国 入門編 改訂版 (1) は、書き込み式でページ数もたっぷりあります。

穴あき問題もあるので、これは直接書き込ませたほうがよさそう。
ローマ字と英語の基本的な読み方をどんどん書いて覚えさせる形式で、なんといっても、小学生の子どもが自分ですすめられるのが魅力です。このテキストは基礎英語受講の前にやってもよいかもしれません。

毎日10分程度(慣れないともっとかかるかな)1ページやれば2カ月で終わるようにできています。
後半に辞書の引き方練習もついているので、中学生用の英和辞典があるといいと思います。

発音をカタカナで書かせて覚えさせることと、ローマ字のラ行をRとLの2通り覚えさせることの2つがこの本の大きな特徴で、
正直この点で迷う方も多いかなと思います。かなり本格的に英語学習カリキュラムをがんばってきたお子さんには抵抗があるかもしれないですね。

うちは特に教室で習ってもいないですし、わたしは、早く自分で読める力がつくほうがいいと思っています。フォニックスとカタカナ発音がそんなに矛盾するとも思えないので、あまりカタカナ表記は気にならないです。ラ行をRとLで覚えることについては、学校と違って混乱しないかなと思い、子どもの様子を見て必要ならここだけとばしてすすめさせようかなと思います。

うちの子はローマ字はほとんど習得できているのですが、シュ、チュ、などの拗音はまだあやしいので、復習も兼ねてこのテキストからやらせようと思います。この入門編には英文は出てきませんので、やはり、基礎英語1と並行してやるとか、上記のくもんのドリルなど、英語の音や、英文に多少触れるテキストを並行して勉強するほうが、発音がカタカナ寄りになりすぎなくていいと思います。うちでは、このテキストが終わったら続編に進んで、できる範囲で中学英語を先取りしようと思います。


以上ご紹介した2冊は、中学生以上で英語が苦手な人が自分で復習したいときにとても効果がある教材として人気のようです。


というわけで、我が家では、小4の後半は以上のようなテキストを利用して、しばらく自分で勉強を進めます。
いままで聞いてきた基礎英語1のテキストは今後は音読教材として使っていって、英語慣れをさらにすすめたいと思っています。


くもんのべいしっくドリルが終わったら英検5級のテキストもやって、
なんとか小学生のうちに、英検5級をとらせたいな、と思っています!自宅学習のみで当分はがんばります。


余談ですが、今回いろいろテキストを探して回って、最後まで候補に残って、買うのを迷ったテキストは以下の2冊です。
こちらも人気のある本なので、参考まで。↓